​初めてインプラントをする方

 

 

インプラント治療って何?

 

 

私たちの歯は、口を開けたとき歯茎の上に見えている部分 (歯冠)と、歯茎の中にある部分(歯根)から成り立っています。

入れ歯やブリッジは、失われた歯のうち、歯冠の部分だけを補います。

一方インプラント治療は、まず人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込んで 骨と結合させます。

その後、人工の歯根(インプラント)の上に人工の歯冠(被せ物)を取り付 ける治療方法です。

そのため、本来の歯と非常に近いかたちで歯を再生することができ、 治療後は元の歯と同じように生活を送ることができるため、ストレスがありません。

インプラントの治療期間はどのくらい?

 

人工の歯根(インプラント)を埋め込んでから被せ物をするまでの治療期間は下顎で1~2ヶ月・上顎で1~3ヶ月です。

世界的に認知されている、インプラント治療の基本ステップを行うと1~3ヶ月程度の治療期間が必要となります。

期間は少し必要ですが、成功率やその後、長く付き合っていくためにはインプラント治療にはどうしても大切な時間となります。

しかし、治療方法によっては治療期間を更に短くする事も可能です。

 

お口のお悩みをそのままにしていませんか?

 

• 入れ歯の手入れがわずらわしい

• 入れ歯を見られるのが気になって友達と旅行に行けない

• 肉やお刺身、固い者が噛めない

• 噛むと痛いので、十分に咀嚼できないし、食事も楽しめない

• 味覚が鈍感になって、おいしく食事ができない

• 入れ歯が落ちそうで、思い切り笑えない

• 発音が気になって、以前のようにおしゃべりできない

• 口臭や入れ歯の臭いが気になって、口元に手をやってしまう

• ぶつけて歯が折れて、そのまま放置…

• 歯が抜いて、そのまま放置…

• 歯がなさすぎて、恥ずかしくていつもマスク姿

• 歯周病で歯が今にも抜けそうで、グラグラ…

 

まずは、悩みをのざわ歯科の無料相談会で相談してみしょう!

 

 

 
 

最新の設備で安心して治療を受けたい方

 

インプラントオペ(手術)専用無菌ルーム完備で安心

 

一般診療区画と完全に隔離し、無菌状態でオペを行います。

一般の診療台にてインプラントオペを行っている医院も見受けられますが、診察台が並んでいる院内では、他の患者様の口の雑菌が飛散している可能性が非常に高くなります。

雑菌が飛散している環境でインプラント手術をすることはありえない行為で、インプラント専用のオペルームは必須であると思っています。

当センターでは患者さんのリスクを最大限軽減することに努めているので安心してインプラント治療を受けていただくことができます。

 

 

歯科用CT完備で術前から術後まで、しっかり管理!

 

従来のパノラマ撮影では平面での情報しか得られませんでしたが、歯科用CTでは神経や血管の走行位置や骨の厚みなど立体での精密な情報がわかります。

そのため、インプラント治療には必要不可欠です。

インプラント治療では顎の骨に穴を開ける外科手術を行なうため、顎の骨の状態や神経・血管の走行位置、骨密度などを知ることはとても大切です。

しかしこれらは歯茎の奥にあり、手術前に直接目で見ることはできません。

歯科用CTを使用してインプラント埋入手術前にこれらを精密に診断することで、事前にインプラントを埋め込む位置を決めることができ、無切開、無はく離での手術が可能になります。

また、手術時間の短縮や術後の痛み・腫れの軽減につながり、安全で確実な治療を行なうことができます。

つまり、患者さまの体への負担を最小限にするためにも、必要不可欠な工程といえます。

なお、歯科用CTでの撮影は治療前だけではなく治療後にも行ない、埋め込まれたインプラントの状態や顎の骨の状態を確認します。

また、インプラント手術の前にシミュレーションを行います。

CTデータ上で大丈夫と判断したが、手術中に骨の形態や骨の質が予想とは微妙に異なっていた場合には、埋入位置や術式の変更をしなければなりません。これを防ぐために当医院ではシンプラントという3次元シュミレーションソフトを用いて事前の手術シュミレーションを導入しています。

シンプラントとはCT撮影のデータを再構築し、多方面から各種測定やインプラント埋入シミュレーションができるソフトです。

まず、顎の骨の形態と骨の質を3次元で解析。

咬み合わせや歯並び、顎の骨の断面画像を見ながら、精密で確実な情報を歯科医師が把握します。

3次元画像では、あらゆる角度から骨や神経、インプラントの状況を立体的に把握します。

実際の手術を再現し、審美面と機能面の両方向からの回復を入念にシミュレーション。

これらの機能により、綿密な治療計画が立案でき、患者さんにとっては、自分の状態を理解した上でインプラントに臨めます。

インプラント手術前に、このシンプラントでの治療計画立案や手術シュミレーションを取り入れているので確実です。

 

 

 

 

 

 

 
 

他院で断られた方

 

 

当センターには『骨が無い』『骨が薄い』『骨が弱い』などで、他院でインプラント治療が出来ないと断られて来院される患者様が多数いらっしゃいます。

 

インプラント治療は、基本的には歯が欠損しているどなたにでも可能です。

以前は糖尿病・高血圧・心臓病・肝臓病・脳梗塞後遺症・骨粗しょう症・歯周病・喫煙者などの方はインプラント治療が難しいといわれていましたが、インプラント技術の目覚しい進歩により、現在ではこれらはコントロールされていればインプラント治療が可能になっています。

しかし、症状によっては治療ができない場合もありますので、事前にしっかりと検査及びカウンセリングを行います。

一番大切なのはインプラント治療が可能な骨の量が足りているかということです。

土台となるための骨が少ないため、インプラントが出来ないと断られているケースがほとんどです。

骨が少ない場合でもインプラントをあきらめる必要はありません。

 

骨を増やす治療(増骨治療)を行えば、無理だと思っていたインプラント治療も可能になります。

骨を増やす治療は通常のインプラント治療よりも何倍も高度な技術を要するため、経験や実績、設備を必要とする手術です。

当センターではしっかりと診査・診断を行った上で、その人その人に合った最適な増骨治療を行っています。

無理だとあきらめていた患者様が当センターでインプラント治療を行い、素晴らしい生活を手に入れたとの感想を多く頂いております。

他院で骨が無くてインプラントが出来ないと断られた方は、当センターにお気軽にご相談下さい。

あきらめていたインプラント治療が可能になります。

 

 

 

当センターのインプラントは安全です。

 

 
 

当院では現在、世界でNo.1シェアを誇る、高品質で最も信頼性の高いノーベルバイオケア社(Nobel Biocare)のインプラント製品を採用しています。 インプラント自体の品質もインプラント治療の成功の鍵をにぎる一つです。安価で質の悪いインプラントは使いません。 

 

また、静脈内鎮静法という最新の麻酔法を採用しております。 静脈内鎮静法とは 血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつ投薬を行います。 数分して薬が効いてくると眠くなります。

ただし、全身麻酔のように意識がなくなることはありません。「お口を開けてください」といったこちらからの呼びかけにも応じることができ、会話をすることも可能です。

感じ方は人それぞれですが、お酒を飲んでほろ酔い加減のような、うたた寝をしているような感覚です。

患者さんの不安や恐怖心を和らげ、痛みが無く快適な環境でオペが行われるので安心です。 

風で薬を飲む場合でも、盲腸の手術でもリスクは存在します。もちろん、インプラント治療においても同様です。

当院では、今までトラブルはありません。ですが、次回は100%安全という事は人間が行う治療である限りありえません。 

安全対策の方法としては、私たちは、患者様ごとのリスクをCTやレントゲンを基にパソコンソフトなどで一つ一つ分析して解決していく事で、リスクを無くす様に取り組んでおります。 

インプラント治療をしている病院なら、どこでも一緒なの?

 

 

現在、インプラント治療を行う歯科医院が増えた反面、1件あたりの症例数が減り、年間20件以上の手術を行う病院は全体の5%しかありません。

ある程度の経験数がある歯科医院を選ぶ必要があります。

のざわ歯科クリニック東鷲宮インプラントセンターは年間20症例以上行なっているのでご安心下さい。

 

 

 

 
Online予約はこちらから
インプラントなら、のざわ歯科!​

 

 

 
​ココです!
 
Show More

住所:埼玉県久喜市桜田3−1−3−2F

 

電話:0480-57-1718
 
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon